スポンサーリンク

ギア・グッズ ブログ運営

【ブログ初心者必見!】ブログ記事執筆時におけるマインドマップ活用法。【Mind Meister】

2022/1/15

どうも。FPひろき(@fp_hiroki)です。 ブログを復活させてから、早いもので1ヶ月半が経ちました。 おかげさまで、ブログ記事執筆もすっかり習慣化され、ほぼ毎日執筆するに至っています。 ブログ運営者ならわかると思いますが、ブログ記事を執筆するのも容易なことではありませんよね。ネタ探しからキーワード選定、SEO対策そして文章の構成に画像の準備...。 やること盛りだくさんで、キリがありません。 しか〜し!! 一部ではありますが、その負担を和らげてくれる超絶サービスを見つけてしまいました! ブログの文章 ...

ReadMore

ラーメン

【阿佐ヶ谷駅北口】杉並区で本格的な横浜家系ラーメンを食すなら、『横浜家系ラーメンあさが家』一択。【徒歩3分】

2022/1/13

どうも! 行ってきました、杉並区は阿佐ヶ谷に!!!! FPひろき(@fp_hiroki)、美容院帰りに横浜家系ラーメンを食し、たったいま帰還しました! 早速『横濱ラーメンあさが家』の食レポをしていきますので、 よろしくお願いします。 Contents1 区内には意外と珍しい本格派の横浜家系ラーメンのお店『横濱ラーメンあさが家』1.1 『横濱ラーメンあさが家』のアクセスと外観。1.2 『横濱ラーメンあさが家』の店内の内装はいたってシンプル。隠れた名店ほど内装は地味だったりする。1.2.1 *ラーメン注文時の ...

ReadMore

投資信託 投資業界 金融資産運用

あえての日本株!しかもアクティブファンド!セゾン投信の『セゾン共創日本ファンド』設定に対する雑感。

2022/1/12

どうも。FPひろき(@fp_hiroki)です。 金融リテール営業の現役当時、非常にお世話になったアセット会社がありました。 それは、 セゾン投信です。 そんなセゾン投信ですが、日本株を投資対象資産とする投資信託の設定を行うとのこと。 その詳細記事がこちらです。 Contents1 そもそも「セゾン投信」って?どんなアセット会社かを解説する。1.1 「セゾン投信」といえば、“長期積立分散投資”をいち早く推奨した新興アセット会社である。1.2 セゾン投信の会社概要2 「セゾン投信」があえての日本株を投資対象 ...

ReadMore

国内旅行・レジャー 日帰りレジャー

【安・近・短】飯能市の日帰り温泉施設『宮沢湖温泉 喜楽里別邸』は、リラクゼーション温泉施設の理想像。【観光温泉スポット】

2022/1/10

どうも。お正月太りで体が重いFPひろき(@fp_hiroki)です。 お正月から早くも10日が経ちました。 そんな今年のお正月が遠い昔のように感じるのは僕だけでしょうか。僕の今年のお正月の過ごし方として、都心から近く充実のリラクゼーション温泉施設で有名な、『宮沢湖温泉 喜楽里別邸』 に行ってきました。 今日は満足なお正月を過ごさせてもらった日帰り温泉施設、 『宮沢湖温泉 喜楽里別邸』 のレビュー記事をアップします。 どうぞお付き合いください。 HPひろき御用達Wordpressテーマ「Affinger6」 ...

ReadMore

国際政治・経済 海外マーケット情報 金融資産運用

【12月米国雇用統計】雇用者数は19万9千人増にとどまるも雇用環境は良好。今後は利上げ時期に焦点。

2022/1/8

どうも。FPひろき(@fp_hiroki)です。 米国の12月の雇用統計が発表されました。 コロナ禍で米国経済も混乱を生じたわけですが、雇用環境は良好そのもの。 米国経済の底力を感じました。 今日は、雇用統計発表にみる米国経済の先行き、それに伴う利上げ時期の観測について書き綴ります。 よろしくお願いします。 Contents1 雇用者数は40万人の予想を下回るも、賃金上昇や失業率の低下もあり雇用環境は改善。2 12月度雇用統計の結果は、FRBによる利上げ加速の判断に変更をもたらさない。3 12月度の米国雇 ...

ReadMore

国際政治・経済 海外時事問題

【2022.2.21】トランプ前米国大統領が新SNS『TRUTH Social』を立ち上げる意味。

2022/1/7

どうもです。FPひろき(@fp_hiroki)です。 今日も気になる記事がありました。 トラさ〜〜〜ん!! 以前より、トランプ前米国大統領が立ち上げると言われていた噂のSNSが産声を上げようとしています。 今日はこの話題に迫っていきます。 Contents1 トランプ前大統領が立ち上げる新SNSの名称は『TRUTH Social』。2 トランプ前大統領が新SNS『TRUTH Social』に拘る理由。2.1 米国大統領選挙の不正を明るみにする手段として、新SNS『TRUTH Social』立ち上げを決意す ...

ReadMore

投資・資産運用 投資業界 金融資産運用

【投資初心者応援宣言!】みんなで渡れば怖くない!今年中に証券口座が3,000万口座を突破。【貯蓄から資産形成へ】

2022/1/6

どうも。FPひろき(@fp_hiroki)です。 twitterのTLを追いかけてみて気付きました。 今、とにかく投資界隈が活気付いている..と。 2021年の米国株の三大指数(NYダウ、S&P500、ナスダック)は、史上最高値を連日のように更新し、それが日常化しているので無理もありません。 そんな投資ブームの最中、気になる記事を見つけたのでシェアします。 今日もお付き合いください。 Contents1 2022年中にも証券口座が3,000万口座に達する見通し。2 2022年の金融マーケットは明る ...

ReadMore

FPひろきについて お知らせ コラム・エッセイ

【ご報告】12月31日付で退職!念願のサラリーマン卒業を果たしました。

2022/1/5

どうも。FPひろき(@fp_hiroki)です。 昨日更新したブログ記事で、僕がサラリーマン生活に終止符を打ち、独立開業をすることについて少し触れておりました。 詳しくはこちらぞどうぞ。 除夜の鐘を聞くやいなや、僕の立場や肩書きがガラリと一変。 そもそもなぜ僕は、順調に管理職一歩手前まで昇進していた所属会社を退職するという茨の道を選んだのか。 今日はその経緯について、ご報告も兼ねて書き綴ってまいります。 どうぞお付き合いください。 Contents1 入社10年目。管理職手前まで昇進しながらも、なぜ退職を ...

ReadMore

コラム・エッセイ ブログ運営

【新年あけおめ!】“ゴン攻め”宣言の2022年はFPひろき第二の人生の幕開けです。

2022/1/4

新年、あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い申し上げます。 いよいよ2022年が始まりました。 ところが早いもので、気が付いたらお正月もあっという間に終了。 そしてそして新年早々早速の業務開始モードに突入しました。 お正月を堪能できなかったことを考えるとただただ嘆かわしい限り...。 本日、2022年の業務開始ということで、いの一番に新年一発目のブログ更新をすることにしました。 今年一年の抱負でも書き綴っていこうかと思ってますので、どうぞお付き合いください。 Contents1 今年の達成 ...

ReadMore

コラム・エッセイ ブログ運営

【2021年】2021年もこの辺境ブログまでお越し頂き感謝です。【ブログ納め】

2021/12/30

どうも。FPひろき(@fp_hiroki)です。 2021年も残すところ今日を含めあと2日となりました。 今年最後のブログ更新は、今年一年のお礼を兼ねたエッセイとさせて頂きます。 今年もコロナで始まりコロナで終わる。 そうな一年でしたが、 今年もなんとか無事生き残ることができそうです。 今年は多くの方に『FPひろきドットコム』を読んでもらえるようになりました。 誠に感謝感謝でございます。 2021年はあっという間の一年間でした。 それにも関わらず、 山あり谷ありでそれこそスリル満点のジェットコースターにで ...

ReadMore

スポンサーリンク

ギア・グッズ

『13インチMacBook Pro』襲来!開封の儀と長く愛用していた12インチMacBookとの比較。

スポンサーリンク

ちょうど5年前に買った12インチMacBookがガタついてきてたのは知っていました。

キーボードの特定のキーが反応しなくなっていたり、ディスプレイの劣化が見られたり...。

 

FPひろき
そろそろMacBookを新調しようかなぁ〜..。定額給付金も入ったことだし。

 

と構えてはいたんです。

ところが、以下のような記事も出てたこともあって、

 

FPひろき
購入は少し見合わせておこう。しばらく様子見だな..。

 

と決め込んでいたんです。

 

[st-card-ex url="https://applekyo.com/?p=7469" target="_blank" rel="nofollow" label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="続きを見る"]

FPダークひろき
おいおい、マジか〜!春に13インチMacBook Pro発売したばかりなのに、秋にもまた発売するん??

 

何がどう違うのかよくわかってはいませんでしたが、今秋の発売を待って、『13インチMacBook Pro』を購入しようとしていたというのもこれまた事実なのです。

 

 

ところが...。

 

愛用していた12インチMakBook危篤状態に陥ってしまい、今すぐにでも購入しなくてはならなくなり、秋まで待てなかったのです。

 

そして慌てて購入したのが、早速このブログ記事を仕上げるのに使っている『13インチMacBook Pro』だったというわけなのです。

 

気になる気になる『13インチMacBook Pro』の使い心地はどんなものか。

長らく愛用していた12インチMacBook比較しながらレビューしてみます。

 

『13インチMacBook Pro』の開封の儀をやってみた!気になる同梱物は??

 

 

ドカーン!!

 

8/31に夕方、Apple公式オンラインストア購入した『Macbook Pro 13インチ』ですが、あっという間に我が家にやってきました。

到着9/1夕方

 

そうです、PCも普通にオンラインで買う時代になったわけですね。

店員の仕事をネット環境が奪っていく時代に、少し複雑さも覚えます。

それでも、交通費かけて都内まで買いに行くまでもなく、あっという間に届けてくれるのですから、これはこれでコスパ抜群であると思うのです。

 

FPひろき
これでこそ時代だ...。

 

到着した『MacBook Pro13インチ』

 

購入した『MacBook Pro 13インチ』スペック価格がこちら。

 

一番グレードの高いものを買ってしまった。笑

 

出典:Apple公式

そして。早速開封の儀を開催してみました。

 

まずは慎重に箱を開け、中身を確認。

 

 

 

ドン!!!!

 

真新しい『MacBook Pro 13インチ』とご対面..。

 

率直な感想としては、

 

FPダークひろき
面白みのないデザインですな...。かつてのMacのような遊び心が感じられない...。

 

というものでした。

 

箱から購入したてのピッカピカの『MacBook Pro 13インチ』を引っ張り出したのですが、これがなんとも重いんです。

まぁ無理もありません。

なんせ、前使っていたのが12インチMacBookだったわけで、MacBook Airを彷彿とさせる軽さだったわけですから。

 

その鉛のように重いNEW『MacBook Pro13インチ』

慣れない重さのPC本体を持ち上げ、下を覗き込むと電源ケーブルとAC電源アダプタが同封されていました。

 

 

あ、あともう一つあった。

簡単な説明書アップルステッカーそしてPCリサイクルステッカーが同封された封筒も同梱されていました。

 

 

簡単にまとめてみますと、『MacBook Pro 13インチ』を購入すると以下のものが入ってくるわけです。

『MacBook Pro 13インチ』の同梱物

  • MacBook Pro本体
  • AC電源アダプター
  • 電源ケーブル
  • 簡易説明書
  • PCリサイクルステッカー
  • アップルステッカー

 

FPひろき
うん、たったのこれだけ。

 

最低限のものしか入っていないので、シンプルでわかりやすい!!

ごちゃごちゃしないので、セットアップに煩わしさが全然無いのですごく助かりました。

 

『MacBook Pro 13インチ』の特徴。

 

右が今まで愛用していた12インチMacBook

購入した『MacBook Proは13インチ』ということで、さすがにひとまわり大きいですね。

 

ほんのちょっとの差に見えますが、5年12インチMacBookを愛用していたFPひろきからすると、このちょっとの差がとてつもなくデカく感じるのです。

 

大きさ、重さに慣れるまではしばらくかかりそうだな、というのが正直なところです。

 

12インチMacBookと比較すると、当然電源アダプタも大きなものになっていました。

 

 

開封し、率直に感じるところが色々あったわけですが、一番期待を寄せたのがキーボード

 

12インチMacBookのキーのストロークが浅く、キーを叩いている感触がまるでなかったのです。

 

しかし!!

 

『13インチMacBook Pro』のキーボードを見てみましょう。

 

 

ふ、深い!!!!

 

これは間違いないやつ!叩きやすいキーボードに違いない!

 

このブログ記事を書きながら、実際にタイピングしているわけですが、ものすごく感触がいいんです。

前の12インチMacBookのキーボードに関しては、あまりに扁すぎて、タイプミスが気付かないほどだったんですから。笑

それだけならまだしも、叩いていると指の骨にツーンと痛みが響いてくるほどの衝撃が伴ってたわけですから、苦痛以外の何物でもありませんでしたね。

 

また、重厚感溢れる音質も評価したいと思いました。

AVの周辺機器環境も前時代とはだいぶ異なっています。

PCを通しAmazonプライムビデオなどで映画を観たり、YouTubeで動画を観る時代となりました。

そんな時代を念頭におくと、やはり音質は非常に重要な要素になり、譲れないものとなったのです。

 

この『MacBook Pro 13インチ』は、その期待にも十分に応えうるスペックを持ち併せていると評価しています。

 

タッチバーもなかなか愉快な物として評価したい。

 

 

タイピング途中で、変換候補がキーボード上部にある液晶画面部分に表示され、タップすればそのまま入力ができるという優れもの。

音量の調節やsi-riを呼び出せたりと、簡単に痒いところに手が届くものとしてかなり評価しています。

まだ使い始めたばかりのPCなので、タッチバーの使い方や可能性に対しての不勉強が否めないでいます。

興味深くいじり倒していくことで、違う側面が更に見えてくるかもしれないのでこれからも期待したいと思います。

 

秋に発売予定の『13インチMacBook Pro』の動向も気になるが、これで十分満足してます。

 

あまりPCに明るく無いので、購入した『MacBook Pro13インチ』と、今秋発売予定となっているものとは何が違うのかが全くわかっていません。

まだまだ詳細記事はあまり出てきていませんが、ポツポツとブロガー界隈では噂になっているようです。

この辺りがそのブログ記事として読み応えがありますので、アップしておきます。

[st-card-ex url="https://iphone-mania.jp/news-297142/" target="_blank" rel="nofollow" label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="続きを見る"]

 

ARMベースMacの発売は早くても2020年第4四半期(10月〜12月)か、2021年初頭になる、とクオ氏は予測しています。

同氏はそれぞれの製品について、以下のように述べています。

  1. 13.3インチMacBook Pro
    • 現行の13.3インチMacBook Proと似た外観デザイン
    • ARMベースモデル発売後、Intelベースの13.3インチMacBook Proは販売終了
  2. ARMベースiMac
    • 24インチディスプレイを搭載し、新しい外観デザインを採用
    • ARMベースiMacの発売前に、既存のiMacは、2020年第3四半期(7月〜9月)にリフレッシュされる

クオ氏は、2021年以降のMacは全モデルがARMベースプロセッサ搭載に切り替わるものの、全モデルの切り替え完了には12カ月〜18カ月を要する、とも予測しています。また、ARMベースMacの処理性能は、Intel製プロセッサモデルよりも50%〜100%高い、とのことです。

引用:iPhone Mania

 

かなり気になりますよね。

 

ARMベースMac??

 

記事を読む限り、Intel製プロセッサを不採用にし、ARMベースMacに移行するみたいですが...。

 

しかも処理能力が現行モデルよりも50%から100%も高いと来てる...。

 

FPひろき
ああ、悔やまれる...。

 

FPダークひろき
でもそれは仕方ないやん!寿命が訪れてしまったわけだから。それはあくまでもタイミングにすぎないのだ。

 

うむ、FPアカンベーダーの言う通りですね。

なので、我が家にやってきたばかりの目の前にある『MacBook Pro 13インチ』をかわいがっていこうと思います。

 

ではこのへんで!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FPひろき

日本FP協会員AFP2級ファイナンシャルプランニング技能士。会員一種証券外務員資格、内部管理責任者資格保有。 某大手金融機関で資産運用・保険マネージャーを勤める。その後は社員教育の研修担当講師として従事。CFP®︎資格試験は2課目合格済み。 2022年末、FP事務所開設予定。 趣味はブログ運営、ラーメン、FC東京そして勉強。 執筆等のお仕事のご依頼はお問い合わせまでお願いします。

-ギア・グッズ
-, , , ,