スポンサーリンク

ラーメン

【横浜家系ラーメン】立川の横浜家系ラーメンの名店『つばさ家』に行ってきた。【つばさ家】

2020/10/10

どうもーーーー!!!!   久しぶりです。FPひろき(@fp_hiroki)です。   FPひろき何日ぶりのブログ更新だろうか...。ブログが更新できて嬉しい限り。涙   そうなんですよ、資格試験の勉強に追われ、なかなかブログ更新ができないでいました。 その試験も今日無事に終わり、まずはとブログを更新しておこうとキーボードを叩いております。   さて、久しぶりのブログ更新ネタはと言うと、お得意の「ラーメン」ネタ。 試験帰りに立ち寄った多摩地区を代表する横浜家系ラーメ ...

ReadMore

FC東京

【Jリーグ第16節】痛快な逆転勝利かと思った矢先、後半ATに痛恨の失点で勝ち点1にとどまる。【アウェイ神戸戦】

2020/9/13

どうもです。 FPひろき(@fp_hiroki)です。 昨日の午前中はバドミントンで汗を流し、午後はゆっくりお昼寝。夕方からは『CFP®︎資格審査試験』のための勉強をしておりました。   勉強の息抜にと観戦を楽しみにしていたアウェイ神戸戦です。 若手が躍動し、誰がスタメン出場しても遜色ない戦いができるようになった我がFC東京。 FC東京のクラブ創設以来、アカデミー出身選手がドンドン出てきて活躍する状況って、今までなかなかなかったんじゃないでしょうか。 うれしい悲鳴です。 さあ、神戸戦は誰が活躍し ...

ReadMore

FP資格関係

【2020.9.13】試験日前日!『2級FP技能士』試験に臨むにあたっての心構え。【FP技能士試験】

2020/9/12

いよいよやってきますね。9/13(日)という日が。   『FP技能士試験』を控えている皆さんお元気ですか? 勉強すすんでますか?   今頃最後の追い込みをしているか、仕上げの段階に入っていることでしょう。 いくら勉強しても、何か不足しているのではないか...。そんな気分に陥っている頃だと思います。   しかしながら、どうあがいても試験日まではあと一日しかありません。 どうか最後の一あがき、頑張ってみてください。   さてさて。 人ごとの様に語りかけるFPひろきも、2 ...

ReadMore

エッセイ・コラム 国内政治・経済

新型コロナウイルスの経済的爪痕が酷い!新型コロナウイルス関連倒産件数の増加が気掛かりだ。

2020/9/9

どうも。 『CFP®️資格審査試験』の勉強に追われているFPひろき(@fp_hiroki)です。   ぶっちゃけ...。   アカンベーダー勉強疲れもあって、気分転換にこのブログ記事を書いているんだぜ。笑   新しい13インチMac book Proを購入してからというもの、あまりにもキーボードの叩き具合が気持ちいいので、心の底からリラックスできるんです。笑   なので今日のブログ記事は、いつもにましてエッセイに近いものなのでご承知おきを。 &nbsp ...

ReadMore

証券外務員試験

祝!『会員一種証券外務員試験』合格!『会員一種証券外務員試験』の難易度の真相を語る。

2020/9/6

どうも。 試験勉強に明け暮れる日々を送っているFPひろき(@fp_hiroki)です。   FPひろきの資格試験受検予定3連発 会員一種証券外務員試験 会員内部管理責任者 CFP®︎資格審査試験   そうです、これら資格試験3連発のうち一つ目の試験を無事終えることが出来ました。   アカンベーダーうおっしぁぁぁ、合格!!(ギリギリでの合格だったが..。ボソッ...。)   この『会員一種証券外務員試験』。   そもそもどういった資格試験なのか。 こちらの過 ...

ReadMore

FC東京

【Jリーグ第14節】台風10号が迫りくるアウェイ大分の地で、若手が躍動し貴重な勝ち点3GET!【アウェイ大分戦】

2020/9/5

FC東京のサッカー観たさに仕事を早く切り上げて帰ってきました。笑 FPひろき(@fp_hiroki)です。   脅威の台風10号が迫りくるアウェイ大分での一戦。 選手たちはしっかり勝ち点3をもぎ取って逃げ帰って来れるのでしょうか。   Contents1 FC東京の先発はこちら。若手ボランチの品田愛斗と乗りに乗ってるルーキーの安部に注目。2 安部のゴラッソで幸先よく先制。しかし圧勝ムードもなかなか追加点を挙げられず重苦しい試合展開に。3 次節はホーム味スタで横浜FC戦。監督の下平、キン ...

ReadMore

FP資格関係

『2020年度第2回CFP®︎資格審査試験』の申込みが始まりました。

2020/9/4

どうもです。 資格試験が立て続き、CFP®︎資格審査試験どころでなくなっているFPひろき(@fp_hiroki)です。   FPひろきの資格試験3連発の日程 会員一種証券外務員試験(8/27)...合格。 会員内部管理責任者  (10/8)...試験勉強中。←イマココ CFP®︎資格審査試験 3科目 (11/8、11/15)...試験勉強中。   次から次へとやってくる資格試験。 今まで散々怠けていたので、それは自業自得としかいうより仕方がないわけですが...。 それでもいくらなんでも ...

ReadMore

国内マーケット情報 投資手法・投資哲学

【9/3日経平均株価】日経平均株価がコロナショック前の水準を上回りました!しかし...。【終値23,465円】

2020/9/3

どうもです。 コロナショックから半年も経っていないにも関わらず、日経平均株価が急回復し、   FPひろきもう少し株が下がってくれてたらなぁ〜...。   と、ついつい口走ってしまった資産形成途中のFPひろき(@fp_hiroki)です。   ちょっとこの記事に注目。   出典:google   アカンベーダー来ちまったかぁぁぁあ!!!!   株価が回復するの、早すぎますって。   ミス.ビギナーなんで素直に喜ばないの?株価が上がるのはい ...

ReadMore

ギア・グッズ

『13インチMacBook Pro』襲来!開封の儀と長く愛用していた12インチMacBookとの比較。

2020/9/1

ちょうど5年前に買った12インチMacBookがガタついてきてたのは知っていました。 キーボードの特定のキーが反応しなくなっていたり、ディスプレイの劣化が見られたり...。   FPひろきそろそろMacBookを新調しようかなぁ〜..。定額給付金も入ったことだし。   と構えてはいたんです。 ところが、以下のような記事も出てたこともあって、   FPひろき購入は少し見合わせておこう。しばらく様子見だな..。   と決め込んでいたんです。   アカンベーダー ...

ReadMore

FC東京

【Jリーグ第13節】ディエゴ、レアンドロ、アダイウトン揃い踏みでガンバ大阪を撃破!【アウェイG大阪戦】

2020/8/31

どうやら、5年使った12インチMacBookのディスプレイがやられたようです。 これを持ってこのMacBookちゃんともお別れ。涙。 このブログを書き終えたら、『13インチMacBook Pro 13』を購入しようと思います、はい。   ...、と余裕をぶっかましていたらなんと! 12インチMacBookが急激に弱り出してお陀仏ですよ..。 完全にディスプレイが逝ってしまいました。   そしてそして。 ここからは、新しい『13インチMacBook Pro』で記事を書いているのであります ...

ReadMore

スポンサーリンク

国内政治・経済 国内時事問題

【4-6月期GPIF運用実績】『GPIF』の運用実績が良いと野党とマスコミがダンマリな件。【12.4兆円】

スポンサーリンク

どうもです。

長い長い夏季休暇に突入したわけですが、特別どこにいくわけでもありません。

なので自宅にひたすら引き籠り、勉強に励んでいきたいと思っています。

 

さて、勉強の合間に覗くYahooニュースに気になる記事が。

早速その記事を読んでみました。

その気になった記事の内容はというと...。

 

日本の公的年金運用について。

 

 

コロナ禍でマーケットや各種指標が落ち込んでいた時期にも関わらず、年金の運用は良かったとのことでした。

 

株価が大暴落をしていたこともあって、GPIFについてはずっと気になっていたんですよね。

ひとまず危機を回避したようでホッとしました。

 

GPIFの利益が過去最高実績になった要因に迫るとともに、野党に対する文句をこの際だから痛烈に言い放ちたいと思います。笑

お楽しみに。

 

そもそもGPIFとは何か。


Alexas_FotosによるPixabayからの画像

 

ニュースを見たりしていると、『GPIF』とよく耳にするわけですが、これは一体なんなのでしょうか。

 

GPIFとはGovernment Pension Investment Fundの略で、日本の年金積立金管理運用独立行政法人のことです。

預託された公的年金積立金の管理、運用を行っています。
年金保険料から集められた公的年金積立金は、厚生労働大臣の預託により、GPIFが信託銀行や投資顧問会社などの運用受託機関を通して国内外の債券市場や株式市場で運用し、運用収益とともに年金給付の原資とします。

公的年金という性質上、長期的に安全かつ効率的な観点から、2018年度末現在、国内債券35%、国内株式25%、外国債券15%、外国株式25%という基本ポートフォリオが組まれています。運用環境改善の流れから、近年はリスク運用の比率を高める傾向にあります。

引用:SMBC日興証券

 

そうなのです。

我々国民からから徴取した大事な大事な年金原資の運用管理をしている法人と思ってもらえると、イメージが湧きやすいかもしれません。

 

ちなみにGPIFのポートフォリオがこちら。

 

GPIFのポートフォリオ

 

2015年頃からだったでしょうか。

GPIFの基本ポートフォリオの変更が実施されたのは..。

安全資産とされる債券比率を下げ、リスクは伴うがよりリターンが期待できる株式比率を上げたのです。

 

低金利・物価上昇リスクがの現代においては、納得のできる組み替えだったと評価しています。

このまま債券中心のポートフォリオにしていても、インフレリスクに晒され、貨幣価値を落とすだけですから、多少なりのリスクを取ってリターンに期待をかけるのは当然といえば当然なのかもしれません。

 

GPIFの運用益が出たのは、株価上昇に転じた時期にうまく乗れたのが要因か。

出典:wikipedia

 

先日、コロナ禍真っ只中だった4-6月期GPIFの運用実績が発表されました。

 

GPIF、運用益12兆円超 4~6月、四半期で最高  :日本経済新聞
GPIF、運用益12兆円超 4~6月、四半期で最高  :日本経済新聞

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が7日発表した4~6月期の運用実績は、12兆4868億円の黒字だった。四半期としては2016年10~12月期(10兆4971億円)を上回る

続きを見る

 

ご覧の通り、コロナ禍で経済が冷え込んでいる状況下でありながら、四半期における過去最高の運用益を叩き出したわけです。

4-6月といえば、新型コロナウイルスの影響で株価が急速に下がり続け、3月末に底を打ってから急速に上昇に転じた時期と重なります。

その四半期前のGPIFの運用状況が極めて厳しいものだったわけであり、それを急速にリカバリーした形になりました。

 

その1-3月期GPIFの運用実績では、過去最悪を記録していたわけですから、これでようやく帳尻を合わせることができました。

 

FPひろき
実際には、二歩進んで五歩ぐらい下がって、また二歩進めた状態でしょうかね...。苦笑 ^^;

 

何はともあれ最悪な事態は脱したのでホッとしてはおりますが、まだまだ予断は許しません。

 

GPIFの運用実績に一喜一憂する野党の愚かさ。しかし運用益を出した時はだんまりです。笑


Gerd AltmannによるPixabayからの画像

 

FPひろき
もちろん野党の皆さんは、今回も大騒ぎするんですよね?大事な年金をギャンブルに使うなんてとんでもない!と..。

 

こんな感じに。

 

 

野党の批判ありきの国会質問には呆れるばかりなんですが。

高い歳費で運営されている国会の質を下げないで頂きたいものです。

無駄遣い無駄遣いとうるさい野党こそが、無駄遣いの先頭に立ってどうするのよ..、と言いたくもなりますって。

 

GPIFの運用実績が公表されましたが、もちろん今回も大騒ぎするんですよね??

 

え?...しない?なになに、退散なの?笑

 

まぁ無理もありません。

野党がGPIFの運用実績について国会で大騒ぎを起こすのは、常に運用損失を出した時と決まっているのですから。

なので今回のように運用益が出た時は大人しく退散するのがデフォなのです。

 

彼らの姿勢を見るにつけ、

GPIFの運用実績については、政権批判のためのツールにすぎない ...。

そんなところでしょう。

 

GPIFについてそんなに議論を深めたいのであれば、運用益の出ている今だからこそ試みてみてほしいものであります。

運用損失が出た時だけ大騒ぎをするあり様を見ていると、

 

なんて卑怯なのであろうか...。

 

と毎度毎度思わされるのであります。

 

まぁ、野党なんてこんなもん。

批判批判をして政策実行の邪魔をし、国民世論を分断するのが狙いなのでしょうしね。

GPIFで利益が出ても喜ばないところを見ると、日本の不幸を願っているようにも見えてなりません。

 

そんな野党に期待しても仕方が無いと言われるのも頷けるわけですよ。

いやっ、むしろ期待したら危険かもしれないですね。

 

悪夢の民主党政権...、とはよく言ったものです、はい。笑

 

そろそろ野党の皆さまも、国民にそっぽを向かれるのも自業自得だということを自覚するべきでしょう。

 

GPIFだって絶対では無い。損失が出てもそれが一時的に収まり、トータルで利益を出せていればいいじゃないか。


Gino CrescoliによるPixabayからの画像

 

GPIFがあたかも無敵だと思っている人は、あまりにも金融リテラシーが無さすぎると思うんです。

GPIFだってポートフォリオを組み、金融市場で運用をしているわけですから、損失を出すことだってあるわけです。

 

でも、それがなんだというのでしょう。

 

たとえ損失を出した時期があったとしても、それが一時的であればなんら問題がないわけです。

トータルで見たときに、しっかりと利益を出せていればそれでいいのです。

なのに、損失を出した時ばかり批判をする野党議員やマスコミの卑劣さには反吐が出るばかり。

 

政権批判にGPIFを使うのはそろそろやめたらどうなのでしょうか。

ホントいい加減にしてほしいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FPひろき

日本FP協会員AFP2級ファイナンシャルプランニング技能士。会員一種証券外務員資格保有。 某銀行で資産運用担当に従事し、CFP®︎資格取得に燃える就職氷河期世代。 近い将来はIFAとして独立し、金融社畜から脱出するのが夢。 趣味はブログ運営、ラーメン、FC東京そして勉強。

おすすめ記事

1

どうも、FPひろき(@fp_hiroki)です。   新型コロナウイルス流行の影響による、外出自粛期間もひとまず終了。 しかしながら、“新しいライフスタイル”実践中ということで、週末にもかか ...

-国内政治・経済, 国内時事問題
-, , , ,

© 2020 FPひろき Powered by AFFINGER5