スポンサーリンク

スポンサーリンク

選挙

東京都知事選公示。東京都民1,400万人のトップを決める選挙戦がスタートしました。

スポンサーリンク

どうもです。

連日自宅で、ワイドショーを観ながらイライラしているFPひろき(@fp_hiroki)です。

そんな反政権報道に終始するワイドショーを観ていたら、

 

「東京都知事選がスタートしました。」

 

という報道がなされてるじゃないですか。

 

FPひろき
いよいよきたね〜。世論から遠い候補者を推す違和感ありありの報道姿勢に負けてられない。自分も負けずに発信していこう!

 

と思ったところであります。

 

毎度毎度、色物候補者が多い都知事選。まずは実績、人物像、そして政策実現可能性で候補者を選びたいところ。

 

確かに被選挙権があるとは言え、

 

FPひろき
都民舐めてる?

 

と言われても仕方がない様な人たちが、幾度となく立候補してきたのが東京都知事選挙。

今回も候補者が乱立しています。

 

そんな中、オールドメディア中心に有力候補者として5人を取り上げて報道していますね。

主な有力候補者

  • 小池百合子
  • 小野泰輔
  • 立花隆
  • 宇都宮けんじ
  • 山本太郎

 

 

本音としては、

 

FPひろき
まぁ、なんとも選びがいのない候補者ばかりで...。

 

しかし、それでも我が東京の代表を選ばないといけません。

 

FPひろきとしては、選ぶ際には政策面はもちろんのこと、人物像、過去の実績、政治理念そして政党を考慮して投票したいと思ってます。

 

都知事選はココに注目

  • 本当に都民のために働いてくれる候補者か。
  • 政治実績はあるか。
  • 政治理念
  • 耳障りの良いことばかり言ってないか。...etc

 

 

このあたりを見ていきます。

それを踏まえた上で、特にテレビ朝日が推している候補者に注目してみようと思います。

 

山本太郎氏、宇都宮けんじ氏の政治理念・政策は、都民全体に向いていない。

 

このお二方に関し、否定せざるを得ないのでハッキリと申し上げます。

 

FPひろき
申し訳ないが、山本太郎氏と宇都宮けんじ氏だけはありえない。

 

なぜか...。

 

都民に向いて政治をしてる素振りだけで、実態はそうではないからです。

 

山本太郎氏を都知事としてはいけない理由。

 

政治家としての前に、人として失格だと言わざるを得ない...。

それが山本太郎氏という人物だと思っています。

尊敬できない人に都民のリーダーを任せていいものか。その様な人を信頼し付いていっていいものか。

そうは思わないでしょう。

 

 

山本太郎氏の本性がこれです。

国権の最高機関の国会の議場において、国家のトップである安倍総理に対し、喪服を着込み合掌をするというなんとも愚かで未熟な態度でしか表現ができない不届き者である。

そう自らの正体を晒したのです。

 

これは、安倍総理はもとより、我々有権者に対しての冒涜でもあるのです。

 

我々の意思表示で選出した総理に対し、それをこの様なパフォーマンスで冒涜し否定する。

 

さすがに、我々国民を馬鹿にしすぎです。

 

また、人としての尊厳を持ち併せていないことを露呈したわけであり、政治に一番携わっては行けない立場であることが如実にわかるのです。

いくら耳障りのいいことばかりを主張しても、中身はこれです。

騙されてはいけません。

 

また、弱者ばかりを救うことに偏った政治理念や政策面は、東京都民全体を思いやっているとは思えません。

本当に東京都民を思っているのであれば、バランスよく政策を練り上げると思うのです。

その面で欠けていれば、弱者を救う英雄としてポピュリズムに訴えかけ、人気を博そうという戦略が垣間見えてると言われても仕方がないのです。

 

それと、東京五輪中止の公約はあり得ません。

 

今まで東京五輪誘致活動や運営準備に関わった人の努力東京五輪を目指し努力した全世界のアスリートの努力を簡単に否定し、無駄なものにしてもいいものか。

だとしたら、それこそ人でなしでしかないと言えます。

五輪ファンのFPひろきは、このブログでも明らかにしている様に、東京五輪の縮小開催ですら反対の立場です。

 

 

東京五輪中止を簡単に口にする山本太郎氏を支持できるわけがありません。

 

アスリートの輝きを失わせる様なことをするのはFPひろきが決して許さない。

 

確かに新型コロナウイルスの猛威もあり、開催は一筋縄にはいかないでしょう。

しかし、その難題を克服し、東京五輪開催を実現させるのが都知事としての仕事なのではないか。

それを否定するのは、仕事を拒否しているのと同じなのである。

 

山本太郎氏を推せない理由はこんなところです。

 

宇都宮けんじ氏を都知事にしてはいけない理由。

 

申し訳ありませんが、宇都宮けんじ氏もFPひろき的にはあり得ません。

まずはルールをしっかり守っていただきたいところです。

 

公示前に選挙戦をした疑いがありますが、それはどうなのでしょうか?

 

ルールを守れない人が、都のトップになることを考えただけでも寒気がします。

三度目の都知事選で選挙戦の経験は豊富であり、何よりも弁護士という立場であるのなら尚更です。

 

メディアも河井夫妻の公職選挙法違反ばかり取り上げてないで、こちらはどうなのかという公平さを持ってもらいたいものですね。

どこの国に操られてるかわからない様なオールドメディアに期待するだけ無駄ですけどね。

 

 

こんなのは序の口です。

FPひろきが一番懸念していることが、都民のみならず国民を犯罪者に仕立て上げようとしていることです。

そんな人が都知事になった場合は...。

これまたヤバイでしょうね。以下の様な、虚偽であることを平気で主張し、国民を犯罪者にする...。ありえませんよね。

 

いわゆる徴用工判決について。

 

 

慰安婦問題について。

 

 

どこ向いて都政をしようと思っているのでしょうか。ここは日本なんですけど。

それとも、東京都を大韓民国にでもしようとしているのですか?

 

新型コロナ対策や東京五輪開催の安定継続都政を考えると現職の小池百合子氏か。

 

新型コロナウイルス対策の安定継続東京五輪開催という世界一大きな国際イベントを控えることを考えると、現職が有利に働くことはいうまでもないでしょう。

 

左派が多いオールドメディアを中心に、学歴詐称疑惑などでネガティブキャンペーンを貼っていますが、それらには屈しないで頂きたいと思います。

 

[st-card-ex url="https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202006160000185.html" target="_blank" rel="nofollow" label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="続きを見る"]

 

都政の課題を一番理解しているのも現職の小池百合子氏であることも確か。

豊かであった都の財政が一転、新型コロナウイルス対策により一気に逼迫しました。1兆円近くあった内部留保も、500億円まで減少。ほぼゼロになったのは明白です。

それを解決していけるのも現職でしかない、と判断し投票行動に移す人も理解できます。

女性の時代と言われる昨今なので、たくましい女性リーダーに期待するところも大きいでしょう。

その様な側面からも頑張って頂きたいものです。

 

地味ながら、実績経験面で小野泰輔氏にも期待したい。

 

熊本県の元副知事職に就いていたという小野泰輔氏。46歳の東大卒で大阪の吉村知事と同じ日本維新の会の推薦を受けての立候補ということで期待が膨らみます。

 

選挙戦略次第によっては小池氏の対抗馬になってくるであろう候補者と目しています。

実務家で経験豊富なこともあってスピーディな政策実行に期待が持てる候補者なので頑張ってもらいたいところです。

マスコミの力も借りたいところだが、そこは大阪府知事次第かと思われます。

 

人口1,400万人を誇る東京都民を考えると、小池氏、小野氏の二択になって欲しいのが本音。

 

やはり前提として、本当に都民全体のことを考えて都政を展開してくれるか、が問われると思うのです。

 

「都庁舎の前に慰安婦像を建てる。」

 

とか、

 

「慰安婦に賠償金を払う。」

 

とか。これらの主張は都民のためですか?日本国民としてマイナスになることではないですか?

よく考えて投票しましょう。また、

 

「困ってる人を救いたい。」

 

そう強調する候補者がいますが、そんなのは当たり前のことなのです。

 

そうではなく、東京都にとって、都民全体にとってどう利益が享受できのかをバランスよく語れないと、それは理想論であり、人気取りとしか映りません。

決して耳障りのいいフレーズに騙されない様にしましょう。

 

FPひろき
あなたは愚かですか?違いますよね。

 

あなたが賢い方であると信じたい...。

 

ではこのへんで。じゃ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FPひろき

日本FP協会員AFP2級ファイナンシャルプランニング技能士。会員一種証券外務員資格、内部管理責任者資格保有。 某大手金融機関で資産運用・保険マネージャーを勤める。その後は社員教育の研修担当講師として従事。CFP®︎資格試験は2課目合格済み。 2022年末、FP事務所開設予定。 趣味はブログ運営、ラーメン、FC東京そして勉強。 執筆等のお仕事のご依頼はお問い合わせまでお願いします。

-選挙
-, , , ,