スポンサーリンク

スポンサーリンク

グルメ ラーメン

【ベジポタつけ麺】胚芽麺でお馴染みの『二代目つけ麺えん寺』のつけ麺が美味すぎる!【胚芽麺】

スポンサーリンク

どうも。FPひろき(@fp_hiroki)です。

 

FPひろき
中野駅周辺に行くと必ず立ち寄るつけ麺店があるんよ。

 

中野駅周辺の有名店といえば武蔵家しか思いつかないわ。
キザオ

 

FPひろき
ところがどっこい!知らないようなので紹介していこうじゃないの!

 

そう、中野駅北口にある僕のお気に入りのつけ麺店。

それこそが、

 

『二代目つけ麺えん寺』

 

なのであります。

 

ベジポタつけ麺胚芽麺で一世を風靡したあのつけ麺つけ麺えんの姉妹店とでも言いましょうか。

満を持しての二代目つけ麺えん寺の実食レビュー。

 

FPひろき
嬉しな。

 

是非お付き合いください。

 

まずは『つけ麺えん寺』について下調べしてみた。

 

二代目つけ麺えん寺...。美味すぎだよね。これだけ美味いお店なわけだし、当然中野店が本店なんだろ?
キザオ

FPひろき
いやっ、どうも違うっぽい。二代目つけ麺えん寺が流行り出した時、吉祥寺のお店には何度か行ったことがあったけど...。

ってことは吉祥寺発祥のつけ麺ってことでいいわけだな??
キザオ
FPひろき
いやいや、実はそうではないっぽいだよね。吉祥寺にお店を出した当時、東高円寺に本店があったことを覚えてる。なのでそこが発祥のお店ということで認識しているけどね。

 

ということで、二代目つけ麺えん寺は、つけ麺えん寺吉祥寺総本店の分店という位置付けです。

二代目つけ麺えん寺の味わいは、吉祥寺総本店に勝とも劣らない実力を発揮してくれているので、
安心して突撃してくださいまし。

 

『つけ麺えん寺』のベジポタつけ麺は、どの時代においても決して飽きさせない。

 

一世を風靡したえん寺ベジポタつけ麺ですが、その後も人気が一切衰えません。

むしろその存在がすっかり世に知れ渡ったからか、来
客数が安定し常にお店が賑わっている印象です。

それは一定数のえん寺ベジポタつけ麺ファンがいる証だと思うのです。

 

この僕も大のえん寺ファンなのでその魅力がよーくわかります。

 

飽きを感じさせないラーメンやつけ麺

↑これを世に出したラーメン職人さんは

ホントに偉大ですよね。感謝と敬意を表したいと思います。

 

それってある種、ラーメン二郎を愛してやまないジロリアンが、
たとえどのような時代になったとしても、ラーメン二郎を愛し続け、
足繁く通う姿に通ずるお店に匹敵するなと思うのです。

 

FPひろき
それを考えるとやはり凄い!

 

ラーメンブームは1990年代からずっと続いているわけですが、
時代の中で名店と呼ばれたお店がいくつもありました。

しかしそんな名店ともてはやされた多くのお店が、ぶつかった難題ががあるのです。

その課題とは、

舌が肥えたお客様に、飽きを感じさせないラーメンを提供し続ける。

 

ということ。

 

この課題をクリアできず、閉店を余儀なくされたお店もたくさん見てきました。

開店して15年近くなるえん寺ですが、いまだに根強く愛され続けているところを見ると、

苦節15年、本物の名店の仲間入りをさせてもらえたのではないか

と世に認めてもらえたと感じます。

 

血も滲むような努力に敬意を表します。

 

『二代目えん寺』のベジポタつけ麺は安定の美味さで常に期待を裏切らない。

ベジポタ肉増しつけ麺(990円)+大盛 (50円)

 

11:20二代目えん寺に到着。

 

11:30の開店を待ち列の最後尾に並びました。

開店時間まで10分で前客は3人。

今日は比較的待ちが少ないようでラッキーデーとなりました。

 

FPひろき
おっしゃ!これはファーストロットで食べられそうだ。

 

11:30

 

開店時間きた!

入り口入ると正面に券売機がお出迎えしてくれます。

食券を購入し店員に手渡すと、

 

「胚芽麺とモチモチ麺どちらにしますか?」

「冷盛りと熱盛りどちらにしましょうか?」

 

と聞いてくれます。

やはりえん寺といえば胚芽麺が売りの一つであるわけなので、
迷わず胚芽麺を選択。

そしてつけ麺の基本ということで冷盛りをお願いしました。

 

着席して待つこと10分。

2Fで茹でられ、エレベーターで降りてくるシュールなスタイルでつけ麺登場。

 

着丼!!!!

 

濃密濃厚スープはふんわりと甘い味わいで女性にも人気。

ベジポタ肉増しつけ麺(990円)+大盛(50円) 胚芽麺

 

FPひろき
うっほ〜、なんて甘〜い良い香りなのだ!!ヨ、ヨダレが止まらない..。

 

我慢できません。

スープから早速頂きます。

 

いっやぁ〜、香りのイメージ通りの甘みと濃厚でクリーミー、
かつ何層にも渡って形成される奥深い味わいはなんと表現したらいいものか。

うん、これしかありません。

 

FPひろき
最高!!

 

ベジポタスープということで、ポタージュスープの感覚で飲み干せるので、
カフェなどでスープ単品売りで提供しても人気を博すこと間違いなしでしょう。

あの甘く後味を引く濃厚ベジポタスープは、
かなりの確率で女性に受け入れられると確信しています

 

胚芽麺と濃密濃厚なベジポタスープの相性が抜群。

ベジポタつけ麺の麺に胚芽麺を採用した『えん寺』の店主は天才であり神である。

 

灰色というか茶色というか。

胚芽麺独特のあの麺の色が、なんとも体に良さそうでホッとさせてくれるんです。

あのスープに組み合わす麺として胚芽麺を採用した店主には感謝しかありません。

僕がえん寺のつけ麺にどれだけ救われ癒やされ、そして心の平穏を頂いてきたことか...。

 

胚芽麺の採用によってえん寺のつけ麺に調和を与えると共に、
他店と差別化を図ることにも成功しているあのセンス。

店主は天才であり神としか思えません。

 

チャーシューはホロホロと柔らかくて食べやすい。何枚でも食べられるほど美味しい。

 

柔らかくよく煮立てたチャーシューは僕好みの柔らかさ。

口の中に入れた瞬間のあのトロけるような感覚ときたら...。

 

FPひろき
たまりませんなぁ〜。

 

えん寺の麺とチャーシューは、スープをしっかりと引っ張り上げる作用もあり、

ご自慢のスープと一緒に食べるスタイルがしっかりと確立されています。

麺やチャーシューを食べると、嫌でもスープが付いてきて一緒に食べられるというのが、
合理的な僕の性格にこれまた合っていたりします。

 

『二代目えん寺』の詳細

あらゆるものがトロトロでありながら、存在感あるコシのある麺が際立つ二代目えん寺

それでいて何度食べてもまったく飽きさせず、
常に安定した美味いつけ麺を提供してくれるあたり、
やはりつけ麺の名店と言ってもいいでしょう

常に安定した美味さを提供してくれるこのつけ麺の名店に、

是非足を運んで頂きたいものです。

 

FPひろき
詳細は以下の通り。...と案内したところで今日はおしまい。じゃ。👋
店 名 二代目えん寺
郵便番号 164-0001
住 所 東京都中野区中野5-62-7
電 話 03-3389-4233
営業時間 11:30~16:00/17:30~22:00
 [土・日・祝] 11:30~22:00
定 休 日 無 休
駐 車 場 な し
席 数 カウンター7席
地 図 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FPひろき

日本FP協会員AFP2級ファイナンシャルプランニング技能士。会員一種証券外務員資格、内部管理責任者資格保有。 某大手金融機関で資産運用・保険マネージャーを勤める。その後は社員教育の研修担当講師として従事。CFP®︎資格試験は2課目合格済み。 2022年末、FP事務所開設予定。 趣味はブログ運営、ラーメン、FC東京そして勉強。 執筆等のお仕事のご依頼はお問い合わせまでお願いします。

-グルメ, ラーメン
-, , , , ,